クロモリ偏愛党

アクセスカウンタ

zoom RSS サイクルジャージのヴィンテージ

<<   作成日時 : 2009/02/18 19:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はサイクルジャージの話。最近のジャージは素材も良くて快適ではありますが、昔のジャージにもデザインが良いのが有りますよん。ということで、手持ちの何枚かをご紹介します。最初はCASTELLIのやつで、BIANCHI用のもの。去年の12月にアップした「BIANCHI Centenarioを鶴見川CRで試乗。」の中でお見せしたCentenario専用のものと、ちょっとだけデザイン違いです。この青と白の幾何学的な組合わせはとても好きです。こちらはCAMPAGNOLOとかCOLUMBUS、VITTORIAなど、お馴染みのロゴが入ってますね。そして衿と下の方にCASTELLIのサソリのマーク。良いです。はい。
画像



















続いてこちらはVITTORE GIANNIのCAFE DE COLOMBIAチームジャージ。素材はけっこう新しいです。山のデザインが良いっす。当時、カフェ・ド・コロンビア チームには、「山岳王」のルイス・ヘレラ選手がいましたですね。こないだ当時のツールドフランスのDVDで見た気がしますが、今度確認しときます。で、このVITTORE GIANNIっていう会社にいたのがアルマンド・カステリさんで、その息子がマウリッツォ・カステリさんで、CASTELLI社を作った人なわけですね。その後、アルマンド父さんはVITTORE GIANNIをスイス人に売っぱらっちゃったらしいのですが、息子のマウリッツォは頑張って買い戻し、VITTORE GIANNIのテコ入れをしていたようです。その後のことはよく分かりません。
画像



















サイクルスポーツの1989年7月号、「世界最強ハイグレードギア対決」特集で、まだ別会社だったCASTELLIとVITTORE GIANNIをライバルとして扱っている記事がありました。面白いです。その他のライバル関係は、ヴィンディングペダルのLOOKとTIME、サドルのSELLE SAN MARCO/ROLLSとSELLE ITALIA/TURBO、などなどが取り上げられてます。
画像














それでこちらは、GIANNI MOTTAのジャージです。MOTTAはフレームのブランドだと思っていたら、彼は現役の選手だった頃からウェアを作っていたそうです。これはすごくシンプル?なデザインだけど、色が派手で、MOTTAらしい感じがします。いつか彼の自転車も乗ってみたい。シートステーが特徴的なので、どんな感じか興味があります。
画像



















最後はBOTTECCHIAのジャージ。ウェアとしてのブランドは、タグが取れちゃってて分かりません。でも、BOTTECCHIAのロゴ入りジャージは珍しいんで、ゲットしときました。SIDIとか脇にはMODOLOのロゴがありますね。MODOLOのブレーキのデザインはいいなーと、ときどきHIP HIP SHAKEの田宮さんと話します。
画像



















などなどですが、好きでいろいろ買うものの、毎日着るような服ではないので、これ以上増えても困るかな〜とも思ってます。CANNONDALEやBIANCHIの新しいのもあるし、ロック系も好きなんでQUEENのとかPINK FROYDとか、ROLLING STONESのも持ってるし、そろそろ仕舞うところもギュウギュウになってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サイクルジャージのヴィンテージ クロモリ偏愛党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる