クロモリ偏愛党

アクセスカウンタ

zoom RSS クイックレリースの秘密

<<   作成日時 : 2011/05/06 12:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

先日っつってもけっこう前ですが、チームCHROMANIAで
三浦半島ツーリングに行って参りました。その時に、
ゲストメンバー(岡山在住なので)のTさんのバイクに
トラブルが発生したんですね。彼のバイクは
COLNAGO MASTERで、このヴィンテージフレームに
CAMPAGNOLOの11sをセッティングしたものです。
画像













で、トラブルなんですが、走行中にリアホイールの
センターがズレてしまい、チェーンステーに擦れてしまう
という症状に見舞われましたです。けっこうキツ目に締めても、
やっぱり走っているうちにズレるっていう現象を
2回ほど繰り返し、では、ってことでエンドのネジを緩めて
クイックレリースがもっとしっかり噛む位置まで後ろに下げ、
その上でガッチリ固めにクイックを締めたところ、
やっと走れるようになりました。で、これはどういうことかと。

まず、ヴィンテージのフレームは、写真のようなロングエンドです。
画像













でも最近のはほとんどが、ショートエンドなんですね。
画像













このエンドの形状がポイントで、ショートのタイプだと、
開口部が下向きですからホイールが前後にズレる心配は無いんです。
でもロングエンドの開口部は前向きなので、ズレることがある。
それがまあ走行中に負荷がかかって起こったので、
クイックをぎっちり締めて対処したわけです。
でも、話はこれだけでは終わらない。

実は、ショートエンドが主流になって以降、クイックの
締める部分の材質が変わったそうです。つまり、みんな
ショートエンドになってズレる心配がなくなったから、
アルミで大丈夫になったんですと。その方が手が掛からないし、
軽いし。Tさんのバイクのハブは当然最新式だったので、
クイックとエンド面が接触するギザギザの入った部分が
アルミだったわけです。

ロングエンドしかなかった頃は、クイックだって
スチール製だったんでズレないだけの
締めつけ強度が普通にあったってことらしいです。

その後、ロングエンドとショートエンドの過渡期のクイックは、
ボディ部分がアルミで、エンド面と接触する部分には
スチールを用いたものが使われていたとのことでした。
これが、その頃のクイックです。今のものとは違って、
肉抜きの部分が水滴系ですね。
画像













Tさんは早速、そのアルミ+スチールのクイックをebayで
ゲットしてました。いやー、新旧を組み合わせるっていうのは、
いろいろあるもんです。でも、ヴィンテージのフレームに
最新パーツは、戦闘力もまあまあになるし、面白いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
大江戸三昧のリンクをたどってきたナガと申します。
パナソニックのメッキラグの見た目が命仕様に昨年から乗っているニワカクロモリ乗りです。
アテナで組んでいるのですが、予算の関係でMicheのハブを使った手組みホイールにしたところ、当初はTさんと同じく、ずれまくりました。
対策としては、見た目重視なのでホントは使いたくなかったのですが、クイックをシマノにしたら、以降はずれていません。
単にカンパのクイックに変更しただけではだめで、アルミ+スチールのものを探さないとならないのですね。
非常に参考になりました。
ナガ
2011/05/14 00:50
はじめまして。コメントが遅くなり、すみません。クイックは考えてみればとても大事なパーツですよね。これが外れて転倒することも有るので、気をつけないと。大江戸三昧と僕らのチームはメンバーもかなりかぶっているので、そのうちご一緒しましょう。それでは、また。
hyrosより
2011/05/17 22:45
僕の赤いのも、ロングだった。
riki
2011/07/05 07:53
この現象は、クイックレリースのレバーの根元に潤滑剤をスプレーするとおさまりますよ。
Cozzi
2011/07/31 21:17
90年代までのスティールフレームのロードレーサーは、70年代にはその役目を終えていましたがロードエンドが主流でした。それまでのカンパ、シマノの純正クイックリリースをきっちり締めていれば何の問題ありません。最近はロードレーサーでもラグ差込の美しくないストレートドロップエンド(通称:ストドロ)が付いていますので何でも構わないと思われますが。やっぱりロードにはスマートなロードエンドが似合うなあ
Kuni
2011/09/06 06:47
トマッジーニにLightweight wheel 純正のクイックで超激坂に挑戦中に後輪を飛ばして大前転をしました。
以来、後輪はカンパニョーロのクイックを使っています。
何が起こったか分からずに転倒する目に、飛んでいくLightweightが入って来ました。
オーバーマイヤー
2011/12/13 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
クイックレリースの秘密 クロモリ偏愛党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる