クロモリ偏愛党

アクセスカウンタ

zoom RSS 18日-#1、CINELLIでANTONIO COLOMBO氏と。

<<   作成日時 : 2009/05/21 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、何から話しましょうか。
ジロのミラノステージが明けて18日。田宮さんの努力が実ってCINELLIのアントニオ・コロンボさんと10時半〜11時にアポイントメント。ホテルのロビーに9時に集合して、いざCINELLIへ。わくわく。

タクシーに乗って、40分くらい?で目的地付近に到着。だがしかし、zip-codeも番地もあってるのに、無いんです。CINELLI社(正確にはGRUPPO社なのかな)が無いんです。近所の人に聞いても知らないという、すげない返事。そこで調べ直してみたら、どうやら15分くらいのところに同じストリート名、同じ番地があるらしいということで、そちらに向かう。なんでやねん。こんな近くに同じ名前の住所、作るなんて。でも、あった、あった、ありました。いや〜、ビックリした。辿り着けないかと思った。でも10時50分に着いたのでセーフ。敷地内をちょっとウロウロしてたら、ケータイで電話していた方が、オフィスはあっちだよというので、そちらへ。
ドアを開けて入ると、応対に出てきた美しい女性がちょっと日本語で挨拶してくれて、オフィス内の会議テーブルみたいなところへ通してくれました。壁にはど〜んとKRAFTWERKのTour De FRANCEのポスターが。このCD、今だに聴いてますよ、時々だけどね。
そこで待機してたら、にこやかな男性が現れ、挨拶。名刺を交換すると、副社長のファブリツィオさん。おー。こちらも自己紹介をして、いろいろ会話していると、ふらっとアントニオ・コロンボさんが、現れたり消えたり。もうすぐ用事が終わって同席してくれるらしい。ファブリツィオさんもとても感じの良い人で、カタログを片手に、いろいろ解説をしてくれたり。

そしていよいよ、コロンボさん登場。日本のプロショップのオーナーとその一行ということで名刺交換と共に自己紹介時間。田宮さん持参の僕らが載ってるカスタムロードバイクの本を渡しながら、談笑。僕は、出発前日にWOWから預かってた手紙と作品集をコロンボさんに渡しました。実は去年、ミラノでWOWの作品を彼がが見た時に、声をかけられ、顔見知りになったということで、「お〜い。CINELLIに行くけど何か有ったら渡してあげるよ」と言って、預かったものなのでした。コロンボさんはちゃんとWOWのことを覚えてて、すごく喜んでくれて、デザイン担当のアレッサンドラさん(奥様?)も呼んで盛り上がってくれました。良かった良かった。
そこからは工場見学。いろんなフレームの製作現場を見たり、COLUMBUSのチューブの山積み状態を見たり。そして工場見学のあとは、ミュージアム見学。あのキース・へリングのファニーバイクも有りましたよ。全部で20台作ったんだけど、もうこの一台しかないんだって言ってました。
画像















それから最近のバリー・マッギーのバイクも見せられて、まだ3台有るから買わないか?と言われたり。ちょっとクラッと来ますね。コロンボさんに言われると。そして、再び会議スペースへ。そこでNSさんが、「何でアーティストをよく起用するの?」と聞いたところ、「う〜ん、子供の頃からアートの勉強をして興味があったし、自転車は男性的な面でアートを表現するのに良い素材だと思う。だから世界中のアーティストに頼んでアートと自転車を結びつけたい。以前は関係が無かった2つの世界を結びつけたかったんだ。アートを自転車の世界に持ち込んで、デザインを大切にしたっていうのは、私が初めてだと自負してるんだ。」とのご返事でした。この話をする時は、コロンボさんもそれまでとは違って、かなり真剣な表情で語ってくれました。ちなみに通訳は、山田さん。ありがとう。そして、次はオフィスの中に入って行って、デザインチームを紹介してくれました。
画像














そこでアレッサンドラさんが着ていたTシャツ(最初に見た時から欲しいなーと思ってたんです。あのCOLUMBUSの鳩のマークを組み合わせて♥にしてますす)を誉めて、男物は無いのか?って聞いたら、「あ、有りますよ〜」と、プレゼントしてくれました。えへへ。それからプロトタイプのハンドルを、「撮影はしちゃダメだよ」と言いながら見せてくれたり、サインをしてもらったり。みんないろんなものにサインをもらったけど、僕は前日に買ったマリアローザのバンダナにしてもらい、さらに悩んだ末に頂いたばかりのTシャツにもしてもらいました。これはみんな、サインをもらったんだけど、コロンボさんはすべてに違うフレーズを書き込んでくれました。こういうところがすごいね。もちろん簡単なフレーズだけど、何か、面白くしてやろうといつも思ってることの表れですね。僕のTシャツには、「GOOD BIKE! ANTONIO COLOMBO」と書いてくれました。いや〜、着たかったんだけど、これで着れないお宝Tシャツになっちゃいました。サイトで買えるのか、調べてみよう。
画像




















いろんな人の協力で実現したCINELLI社訪問も、そんなこんなでアッと言う間の2時間。最後は副社長が駅まで送ってくれるほどのもてなしを受けました。そして、地下鉄で市内に戻り、予約していたレンタカーを借りて、今度はMASIへ。その顛末は、また今度。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんかねー、うらやましいを通り越しちょっと怒りさえ・・・いいなあ。
shimizu
2009/05/25 01:02
うひひひひ。まだまだ、こんなもんじゃないですぜ。
jekyll53より
2009/05/25 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
18日-#1、CINELLIでANTONIO COLOMBO氏と。 クロモリ偏愛党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる